リネンコットンの布団かけカバーを買ってみました。リネンと言うよりコットンかな

リネンコットン

毎日暑いですがいかがお過ごしでしょうか。ほんとに暑いですね・・・

さて、本当はもっと早くに書く予定だったのですが、子供が夏休みに突入して何かとばたばたでその前はバイトに行ってましてちょっと忙しかったです。

バイトも短期だったので終了しまして、旅行も行ってきましたのでようやく記事を書ける時間ができました!!

今回は息子の布団カバーが汚くなったので新しくしました。ソファーのカバーにフレンチリネンにしたらとても気持ちが良かったのでコットンリネンというのもどうなのかなと思って買ってみました。

結論を言えばやっぱりフレンチリネンにはかなわないなと思いました。肌触りを求めるならフレンチリネンにするべきだったなとちょっと後悔です。

>>リネンコットンの掛け布団カバー
icon

PR

リネンコットンの掛け布団カバー

リネンコットン

息子はアトピーなので布団カバーがとにかく血液で汚れてしまいます。

フレンチリネンのマルチカバーを買って使ったところ非常に血液汚れが落ちやすいのでフレンチリネンはアトピーさんにとても向いてるな~って思っていたんです。

息子もこのリネンが気持ち良くて気に入ったみたい。

お布団カバーをリネンにしようかと思ったのですが、もう少しお安い方がいいかなと思ってコットンリネンにしてみました。

リネンコットン

リネンコットン

色合いは男の子の息子用ですから落ち着いたカラーにしました。

カラーは特に嫌だという反応もないのでこれで良かったかな。私個人的にはもう少し明るい色が良かったのですが。

それからリネンコットンの肌触りは正直フレンチリネンに比べると劣ってしまいます。

もう少しひんやり感があるかなと思ったのですが残念ながらそこまでのひんやり感もさらり感も綿とあまり変わった感じもしませんでした。

リネンコットン

コットンが8割なのでリネンは非常に少ないですね。

コットンですから、やわらかさはありますのでどちらかというと夏向きより冬向きです。

正直どうしようか迷いましたがフレンチリネンのさらり感が欲しい場合はやっぱりフレンチリネンにするべきでした。コットンだとその感触はどうしても出ないですね。

少し値段は張りますが、少しづつフレンチリネン素材を集めようかな。

リネンコットン

お布団との結合は紐です。以前は紐じゃなくてボタン系の結合だったのですが、年々使っているとちぎれてしまったりして紐の方がしっかり結合できるので紐で大賛成です。

フレンチコットンとリネンコットンを比べてみましたがさらりとして夏の暑い時期でも快適に使えるのはやっぱりフレンチリネンですね。

今回はもう使い始めてしまったので次回はフレンチリネンにしたいですね。

お洗濯もしやすいので安心です。

 

私が買ったのはこちら

icon
icon

フレンチリネンの布団カバーはこちら

icon
icon


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://berumezon-iinekawai.net/cotton_rinen/trackback/