マンスリークラブ、夏の冷え取り講座に参加してきました

冷え取り講座

先日都内で開催されました「マンスリークラブ「冷え取り日和365」夏の冷え取り講座」に出席してきました。

・・・当日なんですが私の住まいの横浜と都内を結ぶ電車が大幅に乱れておりただでさえ遠いのにさらに時間がかかり「これはいったい何時につくか全く見当がつかないな・・・」と一時は出席をあきらめかけました。

ただ、もう行きます!とご連絡していたのでこれは行くしかない!といけるところまで行ってやる!!と気持ちを切り替え行ってまいりました!!

正直30分ほど遅れてしまいましたが・・・お勉強することができたので良かったですよ。

簡単にレポートします!

>>温活で始める冷え対策・冷え取り日和365
icon

PR



冷え予防のあいうえお 体験レポーターとして参加

冷え取り講座

冷え取り講座

実は私はここ数年専業主婦になって子供が幼稚園に上がったりして活動量が増えたように思うので冷えは昔ほど感じなくなっているので冷えはもっぱら夏じゃなくて冬なんですが、夏場の冷えというので苦労されている方も多いですよね。

ちょうどブログに書くネタも欲しかったので(笑)ちょっと遠かったので行ってまいりました。

当日講義してくださったのは冷え診断を監修している川島先生です。

冷え取り講座

ちと小さいんですが・・・こちらの方が先生です。

川島先生は、湯たんぽを使ったがん治療の論文を書かれたそうなんです。体温を上げるとがん患者さんにも効果があったそうなんです!体温を上げるとすごく効果があるそうなんです!

体温を上げると良く眠ることができる⇒リンパ球を増加させることができる!(リンパ球はガンをコントロールすることができる)ということが実験ではっきりわかっているそうです。

体温が下がっているということは免疫機能が下がるということなので非常に不健康!万病の元です!

人それぞれ冷えのタイプが違うようなので冷え診断を一度お試しになってみてください。その中で内臓冷え、低体温のタイプの方はかなり冷えの中でも冷えているタイプのようです。

 

体温を上げるためには筋肉が必要!!

女性に冷えが多いのは筋肉量が少ないということが一つ言えるそうです。そこで川島先生は普段の生活で簡単にできる運動を教えていただきました。

・洗濯物を干すときは一つ一つしゃがむこと(洗濯物干しスクワット!)
・炊事と掃除はつま先立ち
・外出は大股で早歩き!!
・電車では座らない!!
・携帯電話は届かないところに置く!
・入浴中は浴槽に向かって手や足を思い切り突っ張って10数える
・座るときは膝を付けて力を入れる!!
・食事は最低30回噛む

なんか一見温活とあまり関係のなさそうなことも入っているんですが効果があるそうなんですよ。

なんか、ダイエットするときと項目が似ているように思いませんか?ダイエットをするときの運動って冷え予防にもつながるんですね。
なかでもよく噛むというのはエネルギー代謝を促すので良いそうです。へぇ~~って感じですよね。よく噛むことが体温を上げることにもつながるんですって!!

それから、運動不足の人は電車では座らない!そうすると筋肉を使うので筋肉量がアップするみたいです!これは結構できますよね。

運動は大切なんですね。私もなるべく車を使わないで自転車か歩きにしています。暑いときとか寒いときなんかは運動不足になりがちなんですけどね。

 

温活のための入浴法

日頃どんな入浴していますか?冷えの方は入浴法も大切なようです。

・38度~39度のぬるいお湯に30分以上浸かる

・入浴後素早く乾かして30分以内に就寝!

 

ぬるい温度のお風呂に入ることで自律神経を副交感神経を優位にすることができて良く眠れてストレス解消につながるそうです。

それから、半身浴というのダイエットに効果があるといわれていますが、冷えについて言えば効果はないそうで半身浴は心臓に問題がある人は半身浴がおすすめだそうです。

全身のお風呂は血流が増えて良いそうです。冷え性の方が半身浴をやっても血流があまり増えないので良くないみたいですよ。

私自身、半身浴をやっていた時期があるのですがなんかあまり暖まらないしなんか良く眠れない(暖まらないので温度を上げるため)結局あまりいいことがなかったので続かなかったです。冷えについてはそれで良かったんですね。

ぬるい温度は体を温めすぎないので夏場は割とよくやっていますが冬はなかなか・・・この温度は厳しい!!でも血の巡りは良くなるなんて・・・

 

お風呂については結構間違った入浴法をしている人も多いと思います。一度実践してみていただけたら効果があるかもしれません!

 

今回はここまでにして次回は食に関することと、マンスリークラブのおすすめ商品のご紹介しますね!!

 
ベルメゾンネット
 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック URL

http://berumezon-iinekawai.net/hietorikouza/trackback/